自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2018/06/11

今日の長いつぶやき。

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^




アシュタンガヨガの創始者のグルジ inインド・マイソール。


巷でヨガと言われているアーサナ(ポーズ)の練習をし始めた頃、15年後にこんなにカルチャーまで取り入れた生活を送るなんて考えてもなかったです。

ヨガデビューも、巷で言われているアシュタンガヨガ(パタンジャリの8支則じゃなくてね)から始めたので、祈りの言葉からはじまります。

はじめて「オーム」を言葉にした時は、色々ためらいがあったものです(笑)

「これ、誰かに見られたらヤバいって思われるよな~?」とか、基本、人の目を気にして人生を送るタイプだったので!!

今はね、もう少し人の目を気にした方が調和なんじゃないか、と思ったりしているところです。

一緒にヴェーダーンタを学んでいるお友達と話すると、そういうことに気づき「は!」としてます(笑)

マイペース過ぎて、自由過ぎて、時々反省しています!

ご近所にも不安や、不信感を与えませんように(^_^.)

「ヨガ」はヴェーダの文化がベースにあるので、深めていくと、そのまんま取り入れる方が「楽」で「徳」なんで、ついつい突き進み、尚且つオススメしたくなってしまうのですが。

ここは日本!!!

ああ、どうか、一般的な日常生活がある人々の実践を考えられる私でありますように。。。

人それぞれサンカルパがあるので、その人が得たい望みが叶うことを応援できる私でありますように。。。

時代、風土、文化の中で更新され「機能していく」という側面を受け入れられる自分でありますように。。。

ヴェーダの文化、そしてその文化をも超えた「わたしって何?」を学ぶギーター勉強会サンスクリット語クラスでは、がっつりと教えて頂いたヴェーダの文化を、出来るだけそのままお伝えしますので、興味ある方はいつでもどうぞ!

この場では遠慮なく、もうそのまんまで行かせて頂きます。


サーマヴェーダの家系を受け継ぐ、私の師ヴェンキージ。

先生からサンスクリット語と、チャンティング(詠唱)を学んでいます。

インドから初来日した際に、ギーターヨーガでもクラスをして下さいました。

サーマヴェーダをチャンティングして頂いて、あの日涙が流れました。

教えて頂いた事「ダーナン・与えること」。

私がいつもその精神で日々を過ごし、成長がありますように。。。


दानेन अदानम् तर
daanena adaanam tara


「与えることによって、与えられないことを越えなさい」


最後までありがとうございました~。

0 件のコメント:

コメントを投稿