自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2017/04/10

今日のあれこれ。

ナマステー♪
ギーターヨーガ主宰 やのちさとです(^^)

明日は満月ですね。

-
さて、今日は千葉駅前クラスの後、ちょっくら東京さへ出かけ、有名なYOGAの先生のアーサナのワークショップを受けてきました~。

大先生と言われる方々は、本当に言葉が巧みです!
これにつきる!

あの言葉の巧みさと熱い情熱に、みんなメロメロになるんですね♪

私も気が付くと、心をすっかり持っていかれました。

これがカリスマか~って(笑)

でも、落ち着いて冷静に内容を整理すると、「ヴィヤーヤマ(準備運動)なしに、高度なアーサナをするな!」というシンプルな内容でした。

東京では未だ、高度なアーサナを熟していくということが、YOGAの目的になってる風潮があるようなんですね。

千葉中央区矢作町ではそんな風にアーサナの練習をしている生徒さんがいないので、聞いていて、ちょっと東京遅れてるな~と感じたのでした(あはは)。

今日の大先生も、今YOGAをする人たちが増えまくってる中で、インストラクターが不足してるから、経験値の浅いインストラクターも増えているのが現状なので、そこに向けてのメッセージのようにも感じましたね。

YOGAをしたいと思うのであれば、何を重視したらいいか?

私は「先生をちゃんと選んで。」と声を大にして言いたい。



何か、例えばですよ。

先生の「こうあるべき」が強すぎて、その先生の生徒が、他のYOGA練習生に対して怒りやら、「わたしがやってるヨーガが真実!」やらをブログなんかで、ぶちまけてたりするの見たりすると

フォーカスする方向性の違いを残念に感じたりします。

そんな風に生徒に思わせるのは嫌だな~。

改めて、シンプルにやるべきことに集中させてくれる先生が本当に素敵だな~って思います。

そうなりたいな~って。

1人1人のYOGAの目的に、ちゃんと寄り添いたいな~って。

だから、少人数制にもこだわりたい。

YOGAを指導するにあたり、どこに焦点を当てて、何を拡大させたいのか?

フツフツと思いが湧き上がる春、満月前、今日この頃です(^^)

約15年かけて学んだYOGAを効果的にシェアできるよう、表現の仕方にも磨きをかけれるよう励みます。

大先生を見て、そう思いました!

素晴らしかった!

真似はできないけどね(できないし)、、、私の個性で表現します。。

ふふふ。

また今日も決意発表にお付き合い頂きありがとうございました~。

0 件のコメント:

コメントを投稿