自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2017/02/04

2/4ギーター勉強会㉗

休憩時間に、皆さんにモーダカを召し上がって頂きました(^^)


マハーバーラタの作者ヴャーサはヴェーダ・ヴャーサとも呼ばれています。

ヴャーサはヴェーダの全てのマントラを編集し、分類し、成文化したからです。

ヴェーダが後世に渡って、伝えていくことが出来るようにヴェーダを4つのグループに分けました。

gvedaऋग्वेद 」「yajurvedaयजुर्वेद」「sāmavedaसामवेद」「atharvavedaअथर्ववेद」です。

これにより、4つのヴェーダは口頭で伝えられてきた伝統が途切れることなく、原典のまま私達にまで伝わってきているのです。

完璧さゆえに5つ目のヴェーダだと言われているのがマハーバーラタです。

マハーバーラタはダルマや、政治的洞察など、私達の求めるあらゆる話題を含みます。登場人物たちをとおして、それらが美しく説明されています。

そして、バガヴァッドギーターは独立した作品としてマハーバーラタの中程に現されています。

-

今日のプージャスワミジのお話の中に、もう1つの叙事詩「ラーマーヤナ」のお話も少し出てきました。

「ラーマーヤナ」と「マハーバーラタ」2つの叙事詩は、両方とも歴史に基づいていている物語です。

私は個人的にこれらの物語を読むのが大好きです♡

チェータナーンダスワミジがマハーバーラタのキャラクターのお話を時間をかけて教えて下さったのですが、本当に面白かった!!

今も週一回、マハーバーラタを読む会に参加しています(^^)

物語がとにかく壮大だな~って最初は思っていたのですが、ヴェーダの世界観が、実際毎日の営みになると、とっても身近でリアルなお話。

この世界だけでのお話ではとどまらず、天界の神々がたくさん登場して、人間とやりとりするが特に面白くて好き!!

ヨーガが生き方になってから、毎日祈りを捧げるようになりましたが、祈りがこんな風に働くんだとか、ヴェーダが教えるダルマの生き方が物語を通して、マインドにどんどん浸透していきます。

ラーマーヤナは4月29日(土)、30(日)Venki先生がで教えて下さいますよ!(^^)!

-

次回の勉強会は3月4日(土)11:20~12:50

p139ギーターへの祈りの言葉から読み進め、第一章に入っていきましょう!!

最後までありがとうございました。

ナマステー♪

0 件のコメント:

コメントを投稿