自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2017/01/17

読書「ヨーガといのちの科学」

Swami cidananda-jiの講話より

--------

健康になりたいという皆様の希望はけっこうなのですが、人々は健康になってからその後何をしたいか?というところが重要です。

「健康になって何をするのですか?」
それは大変重要な質問だと思います。

~途中省略~

健康になった後、食が進み、たくさんお酒を飲み、ひと踊りするのは消極的な目的です。

健康になるとステーキが食べられ、楽しくシャンパンが飲める。これらのことは五感を使う楽しみだけです。

健康であれば、仕事が完全にできるとお考えでしょうか?
健康であれば、家庭を守り、社会に尽くせるとお考えでしょうか?

「健康であるということは、他の人類1人1人に対して、何か有益なものを自分が奉仕できる」ということではないでしょうか?

--------


はい、おっしゃる通りでございます。

私はもっともっと与えられる人になりたいです。

私は健康だから。

「心身が健康ではない」という人がいれば、その人に有益なものを与えたいです。

素晴らしい知識を学んでいるので、目の前の人に思いやりを持ち伝えます。

-

「自分自身を喜ばせることをしよう!!」

SNSの投稿などでよく見かけます。

私も賛成です♪


でも、その自分自身て五感のことですか?

ピュアなハートですか?


そこらへんの識別が本当に必要だと心底感じます。

「わたしとは何か?」

その識別ができると、マインドがシンプルに、生き方がシンプルになります。

自分自身が漠然と思っていたものの、言葉にできなかったことを、そのまま言葉にしてくれているのが聖典です。

言葉の形をした「わたしを知るための道具」です。

-

5月5日からのチェーターナーナンダスワミジの「タットヴァボーダ」おすすめです。

スワミジは本当に「思いやりの塊」のような人です。

会うだけで癒されます。

「会えただけで満足」はそろそろ卒業したいと思っていますが(^^)

バガヴァッドギーターでは700の詩で、知識を伝授しますが、タットヴァボーダは85の詩でヴィジョンを凝縮して分かりやすく伝えてくれます。

残席5席ですよ♪

最後までありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿