自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2016/11/12

11/12ギーター勉強会㉓

ドゥルヨーダナとドローナ先生

わたしたちは選択の能力を持って生まれています。

そしてわたしたちは「何が良いことで、何が悪いことか」に関しての常識的な知識を与えられています。

お父さん、お母さんは子供にこの常識的な知識を教える必要はありません。
なぜなら、子供は既にそのことを知っているからです。

正しいか間違っているかの知識は普遍の知識です。
人間は生まれながらにして、このセンスを持っています。
何が正しいか、間違っているかを「知らない」とは、誰も言い訳できません。

わたしは、盗まれたくないし、誰しもが盗まれたくないことを知っています。

わたしは、だまされたくないし、誰しもがだまされたくないことを知っています。

わたしは、誰かの怒りや、憎悪や、嫉妬の対象となりたくないし、誰しもがわたしの(そのような感情の)対象になりたくないことを知っています。

そして明らかに、わたしに賛同して理解を示してくれることを望むし、誰しもがまた自分を理解してくれるように望むことを知っています。

わたしが困っている時には、他の人たちがわたしを助けてくれることを望むし、やはり他の人たちも困っている時、わたしに助けて欲しいと思うことを知っています。

この特別な知識は、常識として知られています。

何が正しいか、間違っているかについて知るには教育は必要ありません。

ドゥルヨーダナも、もちろんこの知識を持っていました。

けれども、何を優先させるのかがあるために、問題が起こります。

妥協し、妥協していることに落ち着いてしまうのです。



次回も「ダルマ」についての話題が続きます。
ダルマの話題は、わたしがとくに皆さんとシェアしたい内容です。

今まで勉強会に参加されていない方も、ギーターが小難しそうだと思っている方も、年内最後の心の浄化に効果的なお話が繰り広げられます。

次回は12月3日()11:20~12:50 是非ご参加下さい!

ナマステー♡

0 件のコメント:

コメントを投稿