自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2016/06/13

マットの上に立つ

ナマステー。

雨ですね~。

私は内耳の病気を持っているので、雨の日や、生理前は目眩がしたり、耳の聴こえが悪くなったりします。

昔は、病気がイヤだな~って思ってましたけど、yogaのお陰でそんな風に、少しずつですが思わなくなってきました。

病気を楽しめたりはしないのですが(笑)、病気があるから体を大切にしたいと人一倍思っているかも。

症状が和らぐように、休息を十分にとるようにも心がけてます。

季節の移り変わりや、エネルギーの変化はyogaをはじめてから敏感になりましたが、その自然の摂理に「負けない自分になろう。」とは思わなくなりました(^_^)

そういう変化をただ受けとめる練習に励みます。

受け入れ流す、みたいな。

そして、そんな時こそほど、心が揺れるので、心を観察するには絶好の練習です!

私に現れるイーシュワラ、サーマンニャダルマと言ってもいいですね。「いいか?悪いか?そのセンス」は既にあるもので、選択はありません。

そこに言い訳をする心があるのが、面白いというか、ややこしいところですよね(^_^)

例えば「明日は早起きする!」と決めたことに関しては、雨だろうと、体調悪かろうが、やり抜きたいのが本心ですが、心が言い訳をするんですよね。

そして、言い訳に従ってしまう…という感じに。

yogaアーサナの練習も同じ。

別にマットの上に立つだけでいいのにね。

アーサナやプラーナーヤーマが思うようにできなくても、それをただ受けとめればそれでいいのに。

体調悪そうだし、やめとこ!みたいな。

口では、「考えをきれいにするのがyoga」とか言いながら、言い訳するときは、その時だけ都合よくyogaをスポーツ感覚にとらえてみたり…。

マットの上に実際立つと、体調が悪いのではなく、心が揺れていたんだってことを確認できたりすることが多々あります。

たまーに、本当に熱があったりするんですけどね。でも私の場合は本当にたまーに(笑)

ほぼほぼ、心が揺れまくってます(^_^;)

こんな感じで、未だyogaの練習生です。

でも、こういう学びが楽しい♥

だから、今日も明日も明後日もマットに立ちます🎵

最後までありがとうございます(^_-)

0 件のコメント:

コメントを投稿