自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2016/03/29

3/26ギーター勉強会報告⑫

सदाशिवसमारम्भां शङ्कराचार्यमध्यमाम् ।
अस्मदाचार्यपर्यन्तां वन्दे गुरुपरम्पराम् ॥

イーシュヴァラであるシヴァからはじまり、シャンカラ先生は真ん中のつながり
最後は私の先生。このグルパラムパラ(先生たちの絶え間のないつながり)に
私は尊敬と感謝の気持ちを伝えます。


「グル」とは先生のことです。

「グ」は暗闇のことで「無知」のたとえ。「ル」は「追い払う」という意味。

暗闇を追い払えばあるのは知識。

暗闇を追い払って、知識を見せる仕事をする人が先生です。

ヴェーダーンタの先生は、世界と自分についての無知を追い払うことのできる先生です。

生徒が選ぶべき先生は、シュロートリヤであり、且つプラフマニシュタである先生だとムンダカウパニシャッド(1.2.12)にも書かれています。

तद्विज्ञानार्थं स गुरुमेवभिगच्छेत् समित्पाणिः श्रोत्रियं ब्रह्मनिष्ठम् ।
その人がその知識を得るために、シュロートリヤであり、
ブラフマニシュタである先生にどうか正しくアプローチしますように。


シュロートリヤとは、先生から知識と伝統的な教え方を受け継いだ人で、学者という意味です。

ただ単に学者というだけでは、ブラフマニシュタではありません。

なぜならヴェーダーンタの教えている知識は勉強している人そのものなのです。

「細菌学を勉強していた人が、昨日の夜に細菌学を知り遂げて、一匹のバイ菌になった」ということはありません。

けれどもヴェーダーンタの知識を知り遂げた人は、ヴェーダーンタの知識なのです。

それがブラフマニシュタ。

ヴェーダーンタの知識はブラフマン、知識の源、宇宙の意識。

だからブラフマンを勉強して、ブラフマンの無知を取り除いた生徒は何でしょう?

ブラフマン!!




0 件のコメント:

コメントを投稿