自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2015/12/05

12/5ギーター勉強会報告⑤

今日の勉強会は「10人目の男」のお話からスタートしました。

「モークシャは既に叶っている」という事の例え話。

悟りとは「私はアホだった・・・」ということを知るのですね(^^)

モークシャは行いではなく、知識によって叶うゴール。

10人目の男、彼が探していたものは自分自身でした。

参加されてなかった方もこのお話はこの先何度も繰り返し登場しますから、ご安心下さい。

私たちはアルタ(お金)、カーマ(ハワイ旅行)といった固有の目的を求めますが、本当は安心、喜びといった物はなくて、ただ私が安心や喜びとして現れていることを知りたいのです。

私たちは既に「私は限りがない」という真実を知っています。

熟睡の体験、お母さんのお腹にいた体験、大笑いをしている時に現れる制限がはずれた体験etc・・・。

「私は全体」「私は限りがない」という真実を知っているので、真実の私を求めます。

知っているものだけが欲望の対象になります。

そして、私の望むものというのは私の為だけにあるとヴェーダは言います。

आत्मनस्तु कामाय सर्वं प्रियं भवति (बृहदारण्यक उपनिषद)
アートマナストゥ カーマーヤー サルヴァン プリヤム バヴァティ


私が世界の平和のために祈るとします。

その祈りは世界(私の周り)が平和で幸せになり、それにより私も幸せなります。

結局私のためなのです。

お母さんが赤ちゃんにお乳を飲ませるその行為さえも、お母さんは自分を満足させたいのです。

全ての行いが自分自身のためにあることを理解したら、多くのトラブルの原因となる言葉「あなたのために、私はこんなに尽くしたのに」とは言わなくなります。(かね?)

「私がするどんな行為も何らかの結果のためであり、その結果は私のためだけにある」

この事実を知ることが、適切なスタート地点を作ります。

次回はp.22「求めている人からの自由」から読み進めていきます。

ナマステー♡




先日のヴェーダーンタキャンプは鳥居観音のお寺で開催されました。
お昼休み、スワミジとみんなで観音様の中を見学しました(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿