自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2015/09/21

Vision of Yoga 3日目

自分がいつもしている行動は「反応」なのか「対応」なのか?

こんなテーマを初日に頂いたので、「対応」できる人となろうと心に決めたけど

結局、いつも目撃者(サンスクリット語でサークシー)でいないと、対応はできないことに今日気づいた。

気づいたとき、本気で泣いた。

泣いた後私は役割を手放した。

何かになるのではなく、ただ私の今まで作り上げた観念を取り除いていくだけ。

どんな風に毎朝のYOGAアーサナの練習を私がしているのか?

フィジカルなトレーニングではないと口では言いながら、フィジカルなトレーニングになっている日が多かったように思う。

全ての観念を取り除いて、サークシーで練習をしていくこと。

瞑想も、そして日常生活も。

そんな練習をいつもしていくこと。

役割として行動をしているのであれば「反応」

サークシーで行動をしているのであれば「対応」

「対応」は人を思いやれているかどうか?とか、そんな薄っぺらい思いではなくて、「対応」は理解ができているかどうか。

真実の私でいつも世界を見れているかどうか。

3日目の午前のクラスでこんなことに気づけて、できるだけサークシーで色々体験したいから

18時にトレーニングコースが終わるのだけど、そのあと初心者向けのワークショップがあったので、昨日はそれにも参加した。



マスターは「その学びの姿勢に頭が下がる」と言ってた。

その言葉にも私は「褒められた」とかそんな反応はしなかった。

真実の私を知ること、そしてその私で世界を体験すること。

こんな毎日をいつも体験したい。

今日も真実の私で過ごせますように。

ナマステー

0 件のコメント:

コメントを投稿