自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2015/08/19

プラッティヤハーラ



今日はこの馬車の絵をふと思い出して(^^)

パソコンのペイントを使ってまとめてみました。

この馬車全体が1人の人を現しています。

カタ・ウパニシャッドの詩が詳しく述べているので、次回のブログでご紹介しますね♪

私がYOGAをはじめてから、ずっとテーマだったプラッティヤハーラ

プラッティヤハーラとは感覚器官を統制することです。

ずっとプラッティヤハーラの意味を、我慢することと勘違いしていたけれど

聖典を生活に取り入れてからは、そうではないことが分かりました。

ヴィヴェーカがあるから、その統制も可能になります。

大好きだったラーメン、餃子も卒業できたり、外食はほとんどすることがなくなりました。

最近は中毒性のある砂糖を卒業しようと、少し努力しています。(買わないようにしています(^^)

私のブッディ(知性)が聖典に根付いてきたので、暴れ馬のようだった私の感覚器官や、ラーメン屋に引っ張られ、揺れ動いていた考えも、聖典が根付く知性によって「必要ない!」と判断できるようになってきました。

私がテレビを見ないのも、外食をしないのも無理をしているのではなくて

大切にしたいこと(モークシャ)があるので、自然と手放すことができました。

YOGAの素晴らしさを知ったのであれば「誰がこんなことを考えたのだろう??」

という探求に変わり、YOGAの教えが気になりはじめます。

「誰がこんなことを考えたのだろう??」の答えはイーシュヴァラ。

イーシュヴァラが作者です。

そのイーシュヴァラを思うことが瞑想です。

アーサナだけをしていた時より、半端なく情緒的な成長を遂げています。

今日もたくさん瞑想、勉強が出来て幸せでした(^O^)

「明日もまた瞑想、勉強ができますように。。。」

ナマステ♡


0 件のコメント:

コメントを投稿