自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2015/04/08

思うこと


YOGAをはじめる前の私の肉体の感じ方は

肉体に感じる痛みが筋肉なのか?腱なのか?骨なのか?

筋肉に痛みを感じるのであれば、どこなのか?

そういう見極めができませんでした。

同じように、朝起きたとき何となく気怠い感じがあれば


肉体が疲れているのか?心が疲れているのか?

その見極めができませんでした。

前の日まで「やろう!」と思っていたことを、次の日の朝何となく気分が乗らなくて辞めてしまう・・・。

そんなことをずっと繰り返していた気がします。

YOGAを肉体のプラックティスだと思っていた頃も

大好きなそのプラックティスさえも、気分が乗らないとお休みしてしまったり。

今、YOGAのプラックティスは心の目と、心の耳をすます時間だから

気分が乗らないからこそ、そういう時間を持つべきだと思うようになりました。

忙しいときこそほど、心の目と心の耳をすました方がいい。

疲れている時こそ、心の目と心の耳をすました方がいい。

YOGAのプラックティスをしたあとは、何であれ「気づき」があるのです。

続けていくと「天気が良い、悪い」「暑い、寒い」「気分が良い、悪い」

そういう二極の対立感情、移り変わるものに振り回されなくなります。

家でできればいいと思うのですが、家では「やるべきことリスト」に追われ、私の場合は集中できませんでした。

だから10年以上YOGAスタジオに通いました。

最初は週5回通っていました。

10年経った頃からそれを週3回にして、家でのプラックティスも取り入れました。

今は完全に家だけですが、何だかんだで、週1回くらいは他のスタジオにも足を運んでいます。

毎日「気づき」のある時間は、私の考えを成長させます。

そんな時間を一緒に作っていきたいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿