自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2015/04/17

今朝のギーターの勉強

バガヴァッドギーター第2章 62番63番目の詩

何かに思いを留める人に、それに関しての執着が生まれます。
執着から欲求が生まれ、欲求から怒りが生まれます。
怒りから妄想が生まれて、妄想から記憶が失われます。
記憶がなくなってしまうので、考えは無能になります。
考えが無能であるとき、その人が破壊されます。

ध्यायतो विषयान्पुंसः सङ्गस्तेषूपजायते । 
सङ्गात् सञ्जायते कामः कामात् क्रोधोऽभिजायते ॥
क्रोधाद्भवति सम्मोहः सम्मोहात् स्मृतिविभ्रमः। 
स्मृतिभ्रंशाद् बुद्धिनाशो बुद्धिनाशात् प्रणश्यति ॥

とくに、一緒に住む人には「こうであって欲しい」と、縛り付けるような執着がどうしても生まれがちです。

「こうであって欲しい」と思うことは、決して悪いことではないけれど

その欲求からもし、怒りが生まれるのであれば、それは縛り付ける執着です。

縛り付ける執着があるなら、それは手放しなさいとYOGAでは言います。

怒りがあるとき、全てが同時に起こっているように見えるけど

注意深く見ると、この詩の順に考えが起こっています。

「何でこの人はこんなこと言うのだろう・・・?・・・!・・・怒」

私は旦那さんに対してこのケースが多いのですが(笑)

そういう時にこそ、祈ろうと思います。

「どうか彼が自由に振る舞うことを、私が許せますように・・・」

手を合わせ、言葉にしていこうと思ってます。

旦那さんはどう反応するのでしょう???(笑)

怒りが起こる前に、祈りの言葉が出ますように(^^)

相手を変えよう、世界を変えよう、私の考えを変えようと躍起になるのではなく

「全てWELCOME!」あるがままに物事を見て、受け入れます。

相手を、世界をあるがままに見れた時、自由を与えたなら与えるほど私の考えは自由です。




2 件のコメント:

  1. 匿名17:03

    あるがままに受け入れて、考えを自由にできたなら、今辛いことから開放されるんだろうなって思います。
    考えに振り回されて、こんな自分じゃ、って落ち込んで泣いてみたりして。
    なかなか考えを子どものようにあしらってあげることが難しいです。この考え、瞑想しててもいたずらしてくるのですー

    返信削除
    返信
    1. そうですね。「考え」も肉体と同じように人それぞれですよね。そして考えをWELCOMEすることも難しく感じますが、それでいいじゃないですか!難しいからこそ、その過程が楽しいです。情緒的に考えが成長するのを、楽しんで見ていきましょう!私も今その練習中です。

      削除