自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2014/06/22

6/17瞑想WSお便り


お便りいただきました(^-^)。一部ご紹介させて頂きます。

ヨガ・瞑想というと、事件があった宗教団体と洗脳のイメージがちらつき、ちょっと怖い感じがありました。

素直な感想ありがとうございます!私も同じですよ。

10年前くらいであれば、yogaクラスでサンスクリット語のマントラを唱えられてしまったら

私はyogaを続けていなかったかもしれません・・・。

悲しいですが、それくらい大きな事件でしたから。

1つどうしても、伝えたいこと。

「yogaのゴールは、ただあるがままのこの世界、現れた知識を解き明かしていくだけです。」

そして

「yogaは道具です。アーサナ(ポーズ)すること、瞑想すること、そこで得られる結果は貴重で素晴らしい体験ではありますが、全ては目的ではなく、道具なのです。」

これらの話題はこの先のギータの詩で詳しく出てきますよ。

ワークショップでぜひ一緒に理解を深めましょう♪

もう1つ。

私の先生は、ギーターの解説者シャンカラに人生をかけて専念していますが

先生はこんな風に言います。

「シャンカラは1人の先生であって、私はシャンカラ信者ではありません。彼はただ先生であって、伝統の繋がりのリンクなのです。シャンカライズムはここにはありません。あるのは、ただ教え。言葉の形をした知識の道具だけです」

先生も、その教えも使い終わることのできる道具です。

教祖も信者もそこにはありません。

「先生・教え」を使って私の主観的な考えで見ているこの世界を、ただあるがままに見ていく。

これがyogaのゴールです。

この先のギーターの詩が本当に楽しみですね!(えっ私だけ??)

ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿