自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2014/04/11

「食べる」という行い

一緒にyogaのゴールを勉強している方々と、今日「食」について話しました。

ある人は、「食べること」は破壊することだと思うと。

それは、動物にしても、植物にしても。

だから、できることなら「食べること」をしたくないのだと。

ある人はお買いものするときに、野菜が自分を呼んでいると。

その呼ばれた野菜を買って、調理する時にも挨拶すると。

ある人は、私の体は「通り道」なんだと。

この地球上の秩序に沿って、食べ物(生き物)がサイクルしていると。

私はできるだけ、人にも、動物にも、植物にも痛みを与えたくないとは思ってはいるけど

未だ食べることに、貪欲なのでお腹がすいてたら魚を釣って食べると。

こんな話をしました。

何が正しいとか、間違っているという話ではなくて

「食べる」という行いについて真剣に向き合って話します。

私は「どうか私が調和に基づき、食べるものを選びますように。」と毎日祈ります。

未だ、味覚の記憶に引っ張られて衝動的に食べ物を選んでしまうからです。

だから祈らずにはいられなくて、それでも今日も引っ張られて・・・。(訓練中です)

yogaをすると「呼吸」の存在がとても特別な存在に感じるように

毎日の行いこそがyogaだと思い始めると、「食」はとても特別な行いに思えます。

何年後かに、「魚を釣ってでも食べる」と言わないようになりたいです。

やっぱり私は、できるだけ人にも動物にも植物にも痛みを与えたくないからです。





0 件のコメント:

コメントを投稿