自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2014/04/16

4/14瞑想WSお便り


お便り頂きました。

「物にあふれるこの時代、日本で手放すということは難しいことだなと思いました。不安からか在庫の分を手元に置きたくなったり、利便性を優先させたり(中略・・・)
 手放すということ、そういう考えはどうやったらできるようになるのか。こう考えてしまうこと自体が何か違うんだろうなと思ったりします。
 シンプルでいたいと思っていても、自分自身によってシンプルでなくしている感覚になりました。


ありがとうございます。

何度も何度も文章を読ませて頂きました。

自分自身によってシンプルでなくしているというのは

今までの経験からの主観的な価値観が、知的な価値観を隠してしまうと

言っているのかな?と思いました。

yogaの教えはこんな風に言います。

あなたに必要なのはアドバイスではなく理解です。

理解すればするほど、容易く扱えるようになります。

「手放す」とは理解であって、理解があるから価値観のシフトが起こります。

利便性を優先させるのは、悪いことではないと思いますし

在庫の分を手元に置くのも、アリじゃないですか?

ただ、「不安から」というのがここでのポイントですね。

何が不安なのか?

ぜひぜひよ~く考えを観察してみてください。

私はこういった「不安」や「緊張」が現れる時、私の考えにおいて

どんな主観的な考えがあるのか?を紙に書き出したり、とことん追求します。

これを面倒と思われたら、それで終わりなのですが(笑)

こんな風に注意深く、考えをみていくことはまさにyogaです。

अन्तः 内側の करण 道具 शुद्धि きれいにすること

内側の道具とは「考え」のことです。

yogaとは「अन्तःकरणशुद्धि ・ アンタッカラナシュッディ」

その意味は、考えをきれいにしていくことです。

考えの癖を知ることは、とても日常生活に役立ちます。

ぜひ、その後気づきがあったらまた教えて下さい。

नमःते ・ナマステー



0 件のコメント:

コメントを投稿