自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2014/02/17

2/17ASAREN

あの、kino-macgregorさんが、こんなことを書いてました。

新しいポーズを学ぶとき、苦しみと恐れを起こすあなたの身体とマインドにたどり着くためには、先生の存在が必要です。より強じんな神経と、磁場に直面できるより強い意思が必要になってきます。時に、先生に助けを求めることは、ある意味、逃げになってしまい、アシュタンガヨガメソッドのタフなレッスンのものすごくむずかしいボーズ、その大事な学習と経験には邪魔です。ピンチャマユラーサナのようなポーズでは、恐れを克服するために、安心かつ安全に失敗することを学ばなければならないのです。いつも壁を使ったり、先生に補助を頼んでばかりいては、いつまでたっても、自分でポーズをマスターしたんだという自信を持てないでしょう。それは、アーサナが出来るようになるのは、自分自身だからです。自分で自分の失敗から学ばければなりません。
私が最初にピンチャマユラーサナを学んだとき、何回も何回も失敗しました。ある日は20回以上でした。イライラしました。そして、できるようになろうと心に決めました。それから18ヶ月間、トライしてはしくじって、バランスがとれるようになり、静止できるようになってきました。そうです。信じられないかもしれませんが、シンプルな前腕バランスがとれるようになるのに、毎日トライして、丸一年と半年かかりました。
私も早くたくさんの失敗がしたいです。
それより何より、やる前から成功、失敗を考えたくないです。
ただ今やることだけに集中したい!
明日こそ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿