自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2013/04/26

満月

私自身が違和感を感じる行動をすると

とても居心地が悪く、イライラにも似た感情が湧いてくる。

特に満月付近は割とそういう日が多い気がします。

ごめんよ、旦那・・・。

分かってはいても、なかなか変えられない私の考えの癖。

そこに気づき、戻そうとする繰り返し。

それでもこうやって修正しようと努力している。

これでいいのだと思う。

今朝のギータのクラス、シャンカラの解説書を説明したスワミジの文章

とっても美しくて私の考えに輝き始めた!



What happens when I look upon धर्म as ईश्वर ?
If I merely conform to धर्म I am an ethical person.
But if I look upon धर्म  as ईश्वर, I worship that ईश्वर by doing what is to be done by me at a given time and place.
धर्म is something already established and I come to sense it.
Therefore,what is to be done by me, I do.
 कृष्ण says that by doing the कर्म that is to be done by us, we are worshipping him.
How can that be?
This is also something we must know.

私がダルマをイーシュヴァラとして見るとき何が起こるでしょう?
もし私が単にダルマと調和するだけなら私は道徳的な人。
しかし、もし私がダルマをイーシュヴァラとして見るなら
与えられた時と場所で私が行うべきことを行うことによって、イーシュヴァラを祈ります。
ダルマはすでに完成されているものであって、私はそれを感じとるようになります。
ですから、私によって成されるべきことを私は行います。
クリシュナは次のように言います。
私たちによって、成されるべきカルマを行うことによって、私たちはイーシュワラに祈っているのだと。
どのようにそれができるでしょう?
それもまた私たちが知らなければならないことなのです。


ギータ18章46番

यतः प्रबृत्तिर्भूतानं येन सर्वमिदं ततम् ।

स्वकर्मणा तमभ्यर्च्य सिद्धि विन्दति मानवः ॥


この世を現わし、存在させている『イーシュヴァラ』は、世界を維持する『ダルマ』秩序の法則であり
行いと結果を司るカルマの法則である。
イーシュヴァラに常に行いを一致させること。それが自分のすべきことをイーシュヴァラに捧げるということである。この行いがカルマヨーガといわれる。



行動を改めよう!

0 件のコメント:

コメントを投稿