自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2012/11/05

ヴェーダンタのWSへ

前回のतत्त्व्बोधの写真

11月3、4日と2日間東京シーヴァナンダセンターにて

cetana先生のワークショップに参加してきました。

今回はサンスクリット語を学んで、チャンティングを書いてみるという内容。

復習を兼ねて参加しましたが、主な目的は先生に直接教えて頂くためです。

京都にいつもはいらっしゃるので、できるだけ東京に来る際は参加しています。

サンスクリット語の主語は『生きた法則』ईश्वर(イーシュワラ)なので

一人称が『Iとyou以外、言わずとしたこの世界イーシュワラ』

二人称が『あなた・you』

三人称が『私・I』

これ1つ見ても、世界の見方が違います。

私という個人の観念より、「地球が1つの生命体」と見る方がよりリアル!

サンスクリット語を勉強することで「yogaのゴール」がより深まるのです。

個人としての限界が見えた人は祈れる人、瞑想できる人です。

瞑想は現在色々な方法がありますが、yogaのゴールの教える瞑想は

この世界と私とのリレーションシップです。

より成熟した考えが定着すると、リレーションシップ(関わり)ではなく

私も世界も1つだという真実がよりリアルに見える。

瞑想も行いですが、唯一人間だけがする成熟した行いです。

私も様々な瞑想のクラスに参加しましたが、yogaのゴールへの瞑想は

「黄金の光が見えたりするものではなく」(←こういうのもあったので)

ただただリアリティーを知って行くための道具です。

更にyogaへのゴール『モークシャ』に向けて日々努力します!!






 

0 件のコメント:

コメントを投稿