自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2012/05/21

新月

今日は金環日食のようですが、私は見てません。

昨日の朝、私のヴェーダンタの先生が

「明日は勉強するのにふさわしくない日なので、お休みです」と言われ

何となく見ない方がいい気がしたのです。

こういうのって自分の感性なのでね。

旦那は見ると張り切ってましたよ(^u^)

アシュタンガも新月はお休みなので、サンスクリット語を復習していたら

Yoga用語で『गुरु・グル』は先生のことで、暗闇を取り除く人という意味がありますが

今までは「なるほどね」なんて軽く思っていましたが

よくよく考えると、とても奥が深いなあと思ったのです。

本来、人間の本質はとてもサットヴァ(純粋というセンス)ですが

色んな考えや、物事を知ることでラジャス(激しいというセンス)や

タマス(鈍いというセンス)がこびりつき

まあ言ってみればそれを『निरोध・ニローダ』(取り除いていく)というのが

『योग・ヨーガ』なのです。

取り除くという一言ですませたくないのですねえ・・・。

どっちかというと、リアリティを理解すると自然といらなくなるものなので

(更に分かりずらいでしょうか(*^_^*)??)

そのリアリティを理解するために、グル(先生)が必要な訳です。

先生と言うと新しい知識を教えてくれる人という感覚が、私たちは強いですね。

ヨーガやヴェーダンタの教えは本来私たちが持っている知識を

きちんと理解していくということ。

なのでグル(先生)は暗闇(無知)を取り除くという意味なのです。

私は主にアーサナのクラスを担当し教えているのですが

何かこういう感覚が、みなさんにお届できればなあと思ってます。

私たちの本質はとてもサットヴァで、人間の本質はリラックスです。

yogaをすると心や体がリラックスするとよく言いますが

本当はリラックスしている本質を再確認できるという方がリアルです。

リアリティがお届できるクラスになるよう、今後も頑張りたいと思った今日でした。











0 件のコメント:

コメントを投稿