自己紹介

自分の写真

千葉・青葉の森公園近くで小さなヨガ教室「ギーターヨーガ」を営んでます。http://gitayoga.jp/

2018/04/19

傲慢さも神の現れ

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^

私は傲慢だなあ・・・と多々思うことがあります。

傲慢さは、人と関わった時に現れますよね。

自分の中の「正しさ」を貫きたい時や、

自分色に染めたいという欲求、

感謝の気持ちが薄れた時にも傲慢さが現れます。

そういう時、言葉を針のように刺したくなったりするものだから、現われた傲慢さに気づいた時、わたしは行為することを一旦止めます。

そこら辺、割と注意深く観察しながら日々歩んでいるので、関わる人の傲慢さを見てしまった時も、思いやりの気持ちを持って接することができるようになってきました。

特に「針刺して来たよ!」って人には、あえて感謝の言葉を述べるようにもしてます。

針のような言葉を刺されると、心はチックと痛いのだけど、針刺したい気持ちも痛いほど理解できるし、

それに何より、わたしという人間を大切に思ってくれているからこそ、特別な感情を抱くことも知っているから。

そんな思ってくれて「ありがとう」って思います。

傲慢さが原因となって、疎遠になっていってしまった人も過去いたなあ。。。

昔は、そこまで自分の感情と向き合って日々を過ごしてなかったから、ついカチンとなったりしたけど、

今なら会えるし、許せるし、心のゆとりも出てきました。

許せないって人は、もういない。

もちろん苦手なタイプの人はいるけどね(笑)

そういう心の成長はとても喜ばしいこと。

神さまの愛の教えが、どんどん浸透しているんだと思って素直に喜んでいます。

毎日の神のレッスン有難いな~(^^)

最後までありがとうございます。

2018/04/17

本当に信じられるもの

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室ギーターヨーガ主宰 やのちさとです

髪が伸びてきました!




千葉に引っ越してきてから、ショートカットが定番ではありましたが、

もともとはずっと超ロングヘアーでした。

やっぱり髪を結べるのが、自分らしい感じがして落ち着きます。

ここ最近「原点に戻る」という心の在り方の重要性と、

そして、グラハスタ・アーシュラマ(家庭人)のど真ん中の学びの中にいる私が、どのように真実についてを学ぶのが最善なのか?

ということにも、真剣に向き合っています。

その大切な気づきをいつも与えて下さるのは、私のチャンティング、サンスクリット語の先生である、Venki先生です。

私はVenki先生から本当に、本当にたくさんのことを学んでいます。

どこまでも、とことん謙虚なVenki先生は、

「ヴェーダーンタの学びに関しては、私が教えることではない」と、

スワミダヤーナンダジの講話本を読みなさいと推奨して下さいます。

今の私にはスワミダヤーナンダジの講話本と、Venki先生からの教え以上に、私を自由に導いてくれるものはありません。

愉しみを与えてもられるもの、気づきを与えてもらえるもの、人との出会いの中での学びは、もちろん日常にたくさんありますけどね♪

Venki先生は、サンスクリット語を教えるという名目でヴィシュヌサハッスラナーマのシャンカラバーシャを教えて下さるのですが、

普通に話す言葉から、それはもうヴェーダーンタの教えがいつもいっぱいに溢れているし、

私は大切なことをいつも学ぶことができます。

Venki先生からシャンカラ先生の解説書を紐解いて頂いたらすぐに、スワミジの解説を英語から日本語に翻訳するのですが、

毎日、感動?

何て言ったらいいのか分からないのですが感極まってしまいます。

そして、そして私にこの学びを一番最初に伝えて下さったチェータナーナンダスワミジに深い感謝の気持ちが驚くほど溢れます。

溢れすぎて泣いてしまうことも多々あります。

この2年くらい、「ギーターをとにかく、早く全部聞きたい!!」と、何だかお勉強モードで学ぼうとしていた感が否めない私だったのですが、

Venki先生から、シャンカラバーシャを教えて頂き、

スワミジの解説を聞く(私の中では翻訳している時もスワミジが私に話してくれています)、

を繰り返しているうちに、「ギーターをとにかく、早く全部聞きたい!!」モードが消滅しました。

そして、英語に関しても、コンプレックスがあり、とても消極的だった私が毎日英語を翻訳するという奇跡的な行為にも及び、

人の本気度って、

本当に信じられるものに出会えるって、

こんなに人を変えるんだと思って驚いています。

正しく学べる場所、インドにはわたし達日本人でも学ぶことができる、ヴェーダーンタの3年半のコースもあったりします。

でも、それが例え、正しいと言われている学び方だとしても、私の中で何も起こらなければ、私が神を思えなければ何の意味もないと思います。

私がいつも神を思えること、

誰かを批判するような物の見方や、

偏った物の見方が変化していくことが大切なんだと思っています。

だから、

学び方が正しい、間違っているではなく、

グラハスタ・アーシュラマの学びのど真ん中にいる私が、今一番納得できる学び方がいいと思っています。

一生懸命になれることが最高に幸せ!!

それがインドからインターネット通話だったり、

スワミジの本から学ぶという方法であったとしても、

私は伝統的な学びの中心にいます。

ずっと変わらず、伝わってきているヴェーダーンタの学びの中心です。


2018/04/09

しあわせ

ナマステー♪

千葉市中央区 ヨガ教室ギーターヨーガ主宰やのちさとです






心から幸せだな~と思うことを今日は書きます。

現在、バガヴァッドギーターとヴィシュヌサハッスラナーマのシャンカラバーシャ(シャンカラ先生の解説書)を読んで、言葉を理解するという学びの機会を頂いています。

これって、すごいことだと日々思っています。

この奇跡に感動して、朝から感極まってしまうことが多々あります(笑)

まあ、自分がこんなにサンスクリット語の学びを深めるとも思っていなかったし、

何よりそれを紐解いて下さる先生に出会えて、

しかもインドからインターネットで教えてもらえるこの時代に生まれて、

私は何て幸せものなのだろうと思います。

学んだことを振り返るために、プージャースワミジの英語での解説本を日本語に訳すという時間を毎朝コツコツ積み重ねていて

この復習の時間も、ものすご~く幸せ♡

日本ではヨーガって言ったら、アーサナがヨーガと思われているから、ヨーガの指導者はいつもアーサナをしてるイメージを勝手に持たれるのだけど(笑)

わたしは座って、鉛筆ってのはどこまで使えるだろうか・・・、というくらい短くなった鉛筆でひたすら書いて、体が痛い!

体が痛いので、アーサナの練習が欠かせない(笑)

そんな幸せな日々です。

最後までありがとうございます。

2018/04/04

4月14日(土)基本のヨガ90分開催

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガやのちさとです^^
4月14日(土)はお休みを頂く予定でしたが、急遽クラスが開催できることになりました。
4月14日(土)9:30~11:00基本のヨガ90分を開催いたします。
皆さま是非ご参加下さいませ。
せっかくなのでこの場を借りて、その他スケジュール予定!
バガヴァッドギーター勉強会8月まで開催日を決めました。
04月07日(土)11:20~12:50
04月28日(土)11:20~12:50
05月05日(土)11:20~12:50
05月26日(土)11:20~12:50
06月02日(土)11:20~12:50
06月16日(土)11:20~12:50
07月07日(土)11:20~12:50
07月28日(土)11:20~12:50
08月04日(土)11:20~12:50
08月18日(土)11:20~12:50
大人気!!あさみ先生のヨガクラス90分開催日
04月06日(金)09:30~11:00
04月08日(日)09:30~11:00
04月20日(金)09:30~11:00
05月13日(日)09:30~11:00
05月18日(金)09:30~11:00
05月27日(日)09:30~11:00
最後までありがとうございました。

2018/03/23

サンスクリット語

看板読める人いる?これはヒンディー語だけど。

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^

ここ最近は、もう毎日ですよ!集中コース「学びの部」の執筆活動をしています。

で、その活動の中で改めて思ったこと、声を大にして言いたいことは、

本当にヨーガを深めたいと思うのであれば、聖典や教典にアクセスするためのサンスクリット語を学ぶと、と~っても愉しいですよということ。

体を動かすハタヨーガの学びでさえも、いわゆるヨーガの学びは全てサンスクリット語で書かれていて、

更にヨーガは祈りの言葉からスタートするので、その祈りの言葉を学ぼうという姿勢は、ものすごいプンニャ(あらゆる意味での幸運)に導かれていくことでしょう!

「私はヨーガの先生だから」とか「私はヨーガをしているから」とか、そういう条件がついた理由ではなくて、自然と学びたく、知りたくなったのです、わたしの場合は。

今、流行りつつあるキールタンみたいなのじゃなく、地味な方の勉強ですけどね(笑)

心地よくで満足度大の方!ではなく、ちゃんと言葉理解したい派の地味な方です。

で、更に思うことですが

エクササイズが好きな人は、エクササイズとしてクラスをしてくれる先生がいるし、

アーサナを深めたいなら、アーサナに専心している先生がいるし、

古くからあるのヨーガの意味を学びたい人はヴェーダ聖典、ヨーガ教典にコミットメントしてる先生がいるし、

自分が今求めることに素直になって、自分を高めるのがいいです!

私が提供している集中コースは、ヨーガを深めたい人の為のコース、言い換えれば、心の成長を目指す人のコース!

初心者とか、何年ヨーガをしているとか全く関係ないですよ。

「教えるためのスキル」や資格がとれるというものではなくて、

身体の快適さだけに限定した内容だけでもなくて、

ヨーガを深めたい人のための、もっと言えば、心の成長を目指す人のコースなので、伝えたい言葉を伝えるために、毎回サンスクリット語も出てくるんですね~。

もちろん日本語で理解できるようにはしていますが、サンスクリット語がその人にとって親しみある言葉であると、更に愉しいんでね、

集中コースの前の月はサンスクリット語のクラスを開催するようにもしています♪

なので、秋の集中コースの前もサンスクリット語のクラスを行いますので、参加される方には全力でおすすめします!

愉しいです~。

そして、そのような機会に恵まれるのもその人の持つプンニャ(あらゆる意味での幸運)ですね。

参加されてる方、これから参加される予定の方も、おめでとうございます!!

今月は、31日(土)11:20~12:50

3月最後のサンスクリット語クラスがあります。

4月も準備しました~!

4月29日(日)9:30~11:00 サンスクリット語step2

最後までありがとうございました~!

2018/03/18

ダクシナ

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガやのちさとです^^

2月、メーダーミチカ先生のヴェーダーンタの叡智に触れ学ぶプログラム「The Value of Values(価値観への価値)」の時に生徒さまの1人から、ダクシナを頂戴しました。

私がクラスをしたわけでもないのですが、「今回のような機会を作って下さりありがとうございます」と何度かダクシナを頂戴しています。

いつもその頂いたダクシナは、先生をお招きした際の、お食事の大きな鍋や、お皿を買わせて頂いたり、前回はそれでも少し余ったので、インドに行った時にその方のためのプージャーをさせて頂いたり、ビクシャーをさせて頂いたり、

できるだけその方にプンニャがあるように願いながら大切に使わせて頂きました。


今回は、サンスクリット語のクラスの時に皆さんが勉強しやすいように、頂いたダクシナで机を買わせて頂きました。

昨日のサンスクリット語の勉強会からこの机を使わせて頂きました。

本当に感謝致します。

私が先生方をお呼びする時は、本当に皆さまたくさんの協力をして下さいます。

ゴミがたくさん出るだろうとゴミ袋を買ってきて下さったり、

トイレットペーパーをたくさん使うだろうからと、トイレットペーパーを買ってきて下さったり、

使ったブランケットを持ち帰り洗濯して下さったり、

プージャーで使うお花を持ってきて下さったり、

準備で大変だろうと予めフルーツなどをカットして持ってきて下さったり、

クラスの後のお掃除をして下ったり、

皆さんのためのお菓子を用意して下さったり、

いつもいつも、皆さまから「思いやりの心」を私が教えて頂き、本当に感謝しています。

勉強会やサンスクリット語に参加してない方は、ダクシナと聞いてもピンと来ないかもしれないので、ミチカ先生が教えて下さった「ダクシナ」の意味
をこちらに載せますね。

私がダクシナについて聞かれた時に、今まできちんとお伝えできてなかったように思います。

「任意で」というようなニュアンスでお伝えしていたところがあったなあと感じています。

-------------

以下、ミチカ先生のブログより


ダクシナとは、

 プージャー、ホーマ等、お祈りの儀式をしてもらったとき、儀式をしてくれた祭司へ、

 ヴェーダとそれに関する文献の教えを授かった時、先生へ、


儀式や教えを完結させるために不可欠な要素のひとつがダクシナです。

「任意で与える」という態度とは違う点において、ダクシナとダーナは違います。

また、「プージャリさんへのダクシナ」「スワミジへのダクシナ」「~先生へのダクシナ」 と、ダクシナは、知識を持った特定の人に宛てられるものです。

尊敬を表すための、象徴的・儀式的な行為です。 

祭司や先生など、知識を持っている人に敬意を持って渡すものであり、お給料やチップではありません。

自分が雇い主のような態度や、お金あげてやってる、という風にならないように気を付けましょう。

直接教えを受けたことが無い先生でも、ナマスカーラ(挨拶をして尊敬を表す)時には、花と果物と共にダクシナも用意して籠にのせて捧げます。

また、アシュラムや会場などの運営費や宿泊費・食費などはダクシナとは言いません。

普通に、寄付・ドネーションと言えば良いでしょう。


「ダクシナ」とは、ヴェーダ、ヴェーダーンタの知識と教えの伝統に対して、尊敬と感謝の心を育て、それを表現する方法です。伝統の教えの中に、自分が見いだせた価値観を、表現する方法とも言えます。

このダクシナという方法により、ヴェーダ、ヴェーダーンタの教えの伝統に対する、先生と生徒のあるべき正しい姿勢は守られてきました。

恩師スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーをはじめとする伝統の教えを受け継ぐ先生方は、このダクシナという伝統的な方法を大切に守っていらっしゃいます。

ダクシナは封筒に入れて、最後に先生に直接手渡すか、ダクシナ箱に納めください。


---------

ビクシャー
やダーナについても、きちんと知りたい方はミチカ先生のブログを直接見て下さい。

心の成長を育むために、みみっちさを克服できるよう、私も胸に刻みたいと思います。

最後までありがとうございます。

2018/03/06

鳥が何だか寄ってきます

ナマステー♪
千葉市中央区ヨガ教室 ギーターヨーガやのちさとです^^

鳥が何だか寄ってきます。

「色んな鳥が我が家に飛んできて~」というような美しいお話ではありません。

鳥が、最近よくぶつかってくるのです(-"-)

今月に入って、もう2回も!

先日はカラス。



千葉大学の坂道を自転車で下っていると、耳の後ろをツーンとつつかれ、足で蹴られて、後ろにいるチャリの女性に心配されました。


「カラスに襲われてましたが大丈夫でしたか?」って(笑)


カラスの被害はここ最近、千葉大学周辺で絶えないらい・・・。



昨日はハト。



同じく千葉大学の坂道をチャリで登っているとき、みんなで餌を食べているハトに遭遇。

「あら~かわいい♡」

なんて、癒されモードはほんの束の間。

次の瞬間ハト一斉に飛び立つ!

何で皆一緒なの~!!

チャリで登っている私の横顔に、ハトの何羽かの腹なのか羽なのかが激突。

「全然かわいくない(ー_ー)!!」

でも、動物に何されても「仕方がない」と思えるこの寛容さ。

この寛容さを旦那にも持てたらなあ・・・と思うのでした。

彼の色んな習性は意図的ではなく自然そのもの。

ハトやカラスのように、かわいいと思えなくても自然の一部なんですよね。

今週日曜日のサンスクリット語講座では、カラスとハトもサンスクリット語で書いてみましょう(笑)

----
03月11日(日) 「はじめてのサンスクリット語」
09:30~11:00 発音の科学「シークシャー」、発音してみよう!

11:15~12:45 サンスクリット語を書いて発音してみよう!!
----


結局お知らせになったけど、これも自然の法則^^

あっ、千葉大学周辺のカラスにはご注意下さい(笑)

お付き合いありがとうございました!